2017.03.09

インテル長友、プレミアへ移籍か? クリスタル・パレスが関心を示す

長友佑都
今シーズンはセリエAで9試合の出場にとどまっている長友 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都に対して、プレミアリーグのクリスタル・パレスが獲得に乗り出すのではないかと噂されている。イタリアメディア『interlive.it』が8日に報じた。

 同メディアによると、2019年6月30日までの契約を結んでいる長友に、クリスタル・パレスが関心を強めており、獲得に動くと伝えられている。さらに長友とともにイタリア人DFダヴィデ・サントンも、この夏の移籍市場でクラブを離れる様子だ。

 一方、インテルは左サイドバックの補強にヴォルフスブルクのスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得するものと伝えられている。ヴォルフスブルクは移籍金として2200万ユーロ(約26億4000万円)を主張しているが、インテルは1600万から1700万ユーロ(20億4000万から19億2000万円)での獲得を成功させたい意向のようだ。

 クリスタル・パレスはプレミアリーグ第27節終了時点で17位に位置しており、降格圏内の18位ミドルスブラとの勝ち点3差と残留争いを強いられている。

 長友は第27節まで終了したセリエAで、わずか9試合の出場にとどまっている。厳しい状況に立たされている中で、キャリア初となるイングランド移籍が実現されるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
チェルシー
25pt
マンチェスター・U
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る