2017.03.07

低迷続くパレルモ、新会長就任を発表…ザンパリーニ氏は2月末に辞任

パレルモ
18位に低迷しているパレルモ [写真]=Getty Images Sport/getty images
サッカー総合情報サイト

 パレルモは6日、ポール・バッカリーニ氏が新会長に就任したと正式に発表した。

 同クラブは先月末、マウリツィオ・ザンパリーニ会長が退任を表明し、15日以内に新会長が就任すると明言していた。

 新会長に就任したバッカリーニ氏はイタリア系アメリカ人で、金融業を営む実業家だ。4月17日までにパレルモの株式100パーセントを取得し、同30日までにクラブの譲渡が完遂する予定となっている

 すでにパレルモ市内に到着したバッカリーニ氏は、「フォルツァ・パレルモ(がんばれ、パレルモ)」とだけ報道陣に語った。9日にパレルモ市のレオルーカ・オルランド市長と会談を行い、その後に記者会見に応じる予定となっている。

 なお、同クラブはセリエA第27節を終えて勝ち点15の18位と降格圏に沈んでいる。セリエA残留圏である17位エンポリとは勝ち点差が7と開いており、厳しい状況に追い込まれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る