2017.03.06

インテル、ペリシッチ2発などで5ゴール大勝…長友がリーグ戦5試合ぶりに出場

チームの5点目を喜ぶインテルイレブン [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第27節が5日に行われ、カリアリと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。

 前節、2位ローマとの上位対決で敗れ、6位に後退したインテル。今節は2試合ぶりの白星を目指し、12位カリアリのホームに乗り込んだ。先発にはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、クロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチらが入った。長友はリーグ戦5試合連続のベンチスタートとなった。

 試合は34分、アウェーのインテルが先制に成功する。エリア外右で縦パスを受けたエベル・バネガが反転してエリア内やや左のイヴァン・ペリシッチへ浮き球のパス。これを上手く右足でトラップすると、左足で落ち着いてゴール右下に流し込んだ。

 さらに6分後、インテルはエリア付近やや左でフリーキックを獲得。エベル・バネガが右足で直接ゴールを狙うと、ボールは壁を越えてゴール左に突き刺さった。

 2点を追うカリアリも前半のうちに反撃。42分、左サイドからゴール前にボールを放り込むと、ゴール前のマルコ・ボリエッロが相手DFに競り勝ってヘディングシュートを放ち、ゴール右に決めた。前半はインテル1点リードで折り返した。

 後半開始早々、インテルが再びリードを2点に広げる。イカルディがエリア内左でボールを受けると、サポートに入ったペリシッチに預ける。エリア内左から右足を振り抜くと、ゴール右下のサイドネットを揺らした。

 その後、インテルは67分にイカルディがエリア内で相手GKに倒されて獲得したPKを自ら決めて追加点。87分からは長友がピッチに送り込まれ、リーグ戦5試合ぶりの出場を果たした。試合終了間際の89分にはロベルト・ガリャルディーニのミドルシュートでインテルは5点目を奪った。

 試合はこのまま終了し、インテルが5-1と大勝。前節の敗戦を引きずらず、2試合ぶりの白星を手にした。

次節は12日、カリアリは敵地でフィオレンティーナと、インテルはホームでアタランタと対戦する。

【スコア】
カリアリ 1-5 インテル

【得点者】
0-1 34分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)
0-2 40分 エベル・バネガ(インテル)
1-2 42分 マルコ・ボリエッロ(カリアリ)
1-3 47分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)
1-4 67分 マウロ・イカルディ(PK)(インテル)
1-5 89分 ロベルト・ガリャルディーニ(インテル)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る