2017.03.01

ナポリGKレイナ、ユーヴェ戦の判定に不満爆発「審判が結果を左右した」

レイナ
ユヴェントス戦に出場したナポリGKレイナ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準決勝ファーストレグが2月28日に行われ、ナポリはアウェーでユヴェントスと対戦し、1-3と逆転負けを喫した。試合後、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナがイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えた。

 ナポリは1点をリードして迎えた後半の立ち上がりにPKで同点に追いつかれると、64分にセットプレーの流れから逆転を許してしまう。さらにその5分後には、レイナがエリア内で相手MFフアン・クアドラードを倒したとして、この日2本目のPKを献上。これを決められ、2点差で敗れた。

 レイナは「僕たちは前半、素晴らしいプレーをした。ピッチを支配し、ユヴェントスを困難な状況に追い込んだ」と振り返ると、「だが、後半にいくつかのエピソードが試合を変えた。審判のジャッジによって結果が変わったんだ。クアドラードのPK? 何をしなければならなかったと言うんだ。消えろとでも言うのか? もしボールに触れればPKは存在しない。もしボールを動かせばクアドラードはジャンプでかわさなければならない。いずれにしろ、(ラウール)アルビオルのPKについてはほとんど話されていない。クアドラードのよりも、PKが与えられて然るべきだった」と憤慨。自身のファーウルはなかったと主張し、むしろこのプレーの直前にナポリ側にPKが与えられるべきだったと主張した。

 怒りが収まらないレイナはさらに、「いくつかの面でもっと成長しなければならないのは確かだが、自分は憤慨している。なぜならば判定は正しくなかったからだ。審判の判定によって試合の結果が左右された。イタリア中がそれを見た」と不満を露わにした。

 それでも最後には「これからは(セリエA第27節の)ローマ戦でベストを尽くす。素晴らしい戦いをしなければならない」と、4日に控える2位ローマとの直接対決に向けて意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る