2017.03.01

カッサーノ、前所属クラブが練習参加を拒否…今季は家族サービスに専念か

カッサーノ
サンプドリアから練習参加を拒否されたというカッサーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、前所属クラブのサンプドリアからトレーニング参加を拒否されたことが判明した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が2月28日に報じている。

 サンプドリアとの契約を解除し、無所属の状態が続いているカッサーノ。ペスカーラやパレルモ、セリエBのラティーナやテルナーナ、そしてヴィルトゥス・エンテッラからオファーが届いた模様だが、全てに断りを入れている。

 今まではサンプドリアのプリマヴェーラ(下部組織)にてトレーニングに参加し、新天地を探していたが、所属クラブのない選手の移籍期間も終了。今シーズン終了まで無所属の状態が続くことが決まった。そして今回、前所属のサンプドリアからトレーニングへの参加を拒否されたことが明るみに出ている。

 カッサーノはイタリアメディア『Sky』のインタビューに対し、「とても残念だ。とりわけ、素晴らしいユースの選手たちとトレーニングをすることができないのが残念でならない。この数カ月、彼らから多くのことを学んだんだ。だが、これが人生だ。前に進んでいくよ」とコメント。落胆していることを明かしつつ、以下のように続けた。

「彼らがお別れ会をやってくれて、とても嬉しかったよ。とても素晴らしい少年たちだ。今回も顔を上げて、前に進んでいく。彼らとトレーニングを続けたかったのだが、幹部がそれを拒否した。その理由を説明しなければならないはずなのだが…。このことについてはいつか説明したい。問題は一つもないのだからね」

 所属クラブに加えて、トレーニング環境も失うこととなったカッサーノ。34歳の今後に注目が集まるが、今シーズンの残り期間については「家族とともに、家で“お父さんをする”」と、家族サービスに時間を費やす意向を示している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング