2017.02.26

主力一部温存のユーヴェ、ホーム30連勝を達成…制裁受けたボヌッチが先発復帰

チームの2点目となるA・サンドロ(12番)のゴールを喜ぶユヴェントス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第26節が25日に行われ、ユヴェントスとエンポリが対戦した。

 第25節終了時点で2位ローマに勝ち点差「7」をつけて首位を走るユヴェントス。現在公式戦8連勝と好調で、ホームでは昨シーズンから29連勝中と圧倒的な強さを誇っている。

 先発メンバーには、采配へ異議を唱えたとして23日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのポルト戦を欠場していたイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが復帰。その他、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインやクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチらが名を連ねた。一方、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、同DFジョルジョ・キエッリーニ、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラら一部の主力は控えに回った。

 試合は開始5分、ユヴェントスが決定機を迎える。左サイドからのクロスをエリア内のマンジュキッチが頭で逸らす。ゴール前のイグアインがこれを収め、右足でシュートを放ったが、GKウカシュ・スコルプスキにキャッチされた。さらに10分、エリア内右からフアン・クアドラードが右足でシュート。相手DFに当たってコースが変わったボールにゴール前のマンジュキッチが飛び込んだが、左足で放ったシュートは枠を捉えることはできなかった。

 攻めるユヴェントスは30分、イグアインのスルーパスでマンジュキッチがエリア内左に抜け出す。GKスコルプスキをかわしてシュートを放とうとしたが、戻ってきた相手DFに阻まれ、チャンスを活かすことができなかった。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って52分、ユヴェントスが均衡を破る。右サイドのクアドラードが鋭いクロスを供給。マンジュキッチが高い打点から強烈なヘディングシュートを放つと、ボールはクロスバーを直撃し、跳ね返ったボールがGKスコルプスキに当たってネットに吸い込まれた。

 65分にはユヴェントスが追加点を奪う。右サイドのダニエウ・アウヴェスが右足でグラウンダーのクロス。エリア内左のアレックス・サンドロが相手DFを背負いながらボールを受けると、反転しながら左足でシュートを放つ。ボールはゴール右下に突き刺さった。

 試合はこのまま終了し、ユヴェントスが2-0と完封勝利。ホームでの連勝記録を「30」まで伸ばし、暫定ながら2位ローマとの勝ち点差を「10」とした。

次節は5日、ユヴェントスは敵地でウディネーゼと、エンポリはホームでジェノアと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 2-0 エンポリ

【得点者】
1-0 52分 オウンゴール(ウカシュ・スコルプスキ)(ユヴェントス)
2-0 65分 アレックス・サンドロ(ユヴェントス)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る