2017.02.13

インテル、主力欠くもエデルの1ゴール1アシストで快勝…長友は2戦連続出番なし

エデル
1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献したエデル(中央)[写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第24節が12日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとエンポリが対戦した。長友は2試合連続のベンチスタートとなった。

 現在5位のインテルは前節、ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”で敗れ、リーグ戦連勝が7でストップした。今節は17位に沈むエンポリをホームに迎えての一戦。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の3位浮上に向けて、しっかり勝ち点3を積み上げたいところ。だが、主力のマウロ・イカルディとイヴァン・ペリシッチを出場停止処分で欠き、ロドリゴ・パラシオやエデルらがスタメン入りした。

 試合が動いたのは14分、インテルが先制に成功する。右サイドのアントニオ・カンドレーヴァからのクロスは手前の相手DFにブロックされるたが、セカンドボールをエリア内右のパラシオが頭で繋ぐ。これをファーサイドでフリーのエデルが胸で押し込み、先制点を奪った。リードを奪ったインテルはその後も攻勢に出るが、前半はこのまま1-0で終了した。

エデル

胸で押し込んで先制点を決めた [写真]=Inter via Getty Images

 インテルはハーフタイムに左MFのダニーロ・ダンブロージオを下げて、クリスティアン・アンサルディを投入し、後半を迎えた。エンポリは53分、ラデ・クルニッチが味方とのワンツーでエリア内右に抜け出し、シュートを放つが、これはGKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれた。

 ピンチを凌いだインテルが直後の54分に追加点を挙げる。エデルが左サイドから右足アウトサイドでクロス。ファーサイドに走り込んだカンドレーヴァが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

カンドレーヴァ

追加点を挙げたカンドレーヴァ(中央)[写真]=Inter via Getty Images

 反撃したいエンポリは59分、ロングパスでエリア内に抜け出したマッシモ・マッカローネがループシュートで狙うが、これもGKハンダノヴィッチに冷静に対処された。追加点を狙うインテルは73分、パラシオに代えてガブリエウ・バルボーザを投入。80分にはエデルを下げて、17歳のアンドレア・ピナモンティを送り出した。

 最後までチャンスを作り続けたインテルだが、ゴールは生まれず、このままタイムアップ。2-0でリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。なお、長友に出場機会は訪れなかった。

 インテルは次節、19日にアウェーでボローニャと対戦。エンポリは18日にラツィオをホームに迎える。

【スコア】
インテル 2-0 エンポリ

【得点者】
1-0 14分 エデル(インテル)
2-0 54分 アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る