2017.02.12

強豪クラブがFWディバラに熱視線、獲得競争はマンCが一歩リードか

ディバラ
ビッグクラブから関心が寄せられるディバラ [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cがユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得に近づいているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が12日に報じた。

 “ネクスト・メッシ”と称され、ビッグクラブの注目を集めるディバラ。最近ではレアル・マドリードやバルセロナからの関心が報じられたものの、本人は移籍をはっきりと否定していた。さらに、ユヴェントスとの契約延長交渉が進んでいるとされ、チームメイトのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインと同等の待遇になると言われている。

 しかし、今回の報道によると、マンチェスター・Cがディバラの獲得に近づいている模様。ユヴェントスと2020年6月までの契約を結んでいる同選手に対し、金銭+選手一人を条件に検討しているという。市場価値は3800万ポンド(約54億円)に上るが、同クラブは30億円の移籍金を準備しているようだ。

 ユヴェントスに加入してすぐにファンの信頼を勝ち取り、2年目のシーズンを過ごすディバラだが、クラブに別れを告げ渡英することはあるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る