2017.02.08

ミランが21歳のFW2選手獲得に動く…シメオネ息子、ラツィオのケイタに関心

シメオネ、ケイタ
ミランが獲得に動くと報じられたFWシメオネ(左)とFWケイタ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランが今夏の移籍市場で、セリエAで成長が著しい2人の若手FWの獲得に動くようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。

 同紙によると、ミランが獲得を狙っているのは、ジェノアのアルゼンチン人FWジオバンニ・シメオネとラツィオのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオという、ともに21歳の選手だ。

 アトレティコ・マドリードの指揮官を務めるディエゴ・シメオネ監督を父に持つシメオネは今シーズン、セリエA第23節終了時点で21試合に出場し、10ゴールを記録。チームのトップスコアラーとなっている。また、ケイタも今シーズン、セリエA第23節終了時点で17試合出場6ゴールと好調を維持。2013-14シーズンに記録した、自身最多記録の5得点をすでに上回る活躍を見せている。

 シメオネに関しては、ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長が約3000万ユーロ(約36億9000万円)を要求しており、獲得は難航すると予想される。一方、来年6月30日に契約が切れるケイタは、ラツィオとの契約を更新する意思がないことを示しており、比較的容易に獲得できるのではないかと予想されている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング