2017.02.07

ブラジルW杯決勝で主審を務めたリッツォーリ氏、ロシア大会は辞退へ

リッツォーリ
2014ブラジルワールドカップで決勝の主審を務めたリッツォーリ氏(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2014 FIFAワールドカップ ブラジルの決勝、ドイツ対アルゼンチン戦で主審を務めたイタリア人のニコラ・リッツォーリ氏が、2018年開催のロシアW杯で審判を務める意思がないことを明言した。

 リッツォーリ氏は、1971年10月5日生まれの45歳。イタリア選手協会(AIC)選出によるセリエA最優秀審判に2011年から5年連続で選出されるなど、世界的な審判として知られている。

 2012-13シーズンにチャンピオンズリーグ決勝の主審を務めた同氏は、2014年のブラジルW杯決勝で主審を担当。これによって、セルジョ・ゴネッラ氏、ピエルルイージ・コッリーナ氏に続き、イタリア人で3人目となるW杯決勝戦の主審となった。

 なお、W杯での審判は行わない意思を示したが、セリエAでは来シーズンも審判を続けることを明言している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る