2017.02.01

インテルの公式戦連勝は9でストップ…ラツィオに屈しイタリア杯敗退、長友出番なし

ルーカス・ビリア
ビリアの得点を喜ぶラツィオの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コッパ・イタリア準々決勝が1月31日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルラツィオが対戦した。長友はベンチスタートとなった。

 現在、公式戦9連勝中と絶好調のインテル。28日に行われたセリエAの第22節でも、ペスカーラ相手に3-0の快勝を収めている。この日はMFジョフレイ・コンドグビアやFWロドリゴ・パラシオら、出場機会に恵まれない選手たちが先発メンバーに入り、エースのFWマウロ・イカルディらはベンチスタートとなった。

 最初にチャンスを作ったのはインテル。16分、クリスティアン・アンサルディからパスを受けたジョフレイ・コンドグビアがミドルシュートを狙ったが、おさえることができずに枠の上に外れた。

 すると20分、ラツィオは左サイドのセナド・ルリッチが左足クロスを入れる。これをフェリペ・アンデルソンが押し込み、アウェーのラツィオが先制に成功した。

 さらに32分に立て続けにビッグチャンスが訪れる。パスが相手DFミランダに当ってコースが変わると、チーロ・インモービレが絶好機を得たが、シュートを枠の上に外してしまう。さらに今度はカウンターからF・アンデルソンが抜け出してGKと一対一となったが、ここはGKサミール・ハンダノヴィッチがビッグセーブを見せて追加点を許さなかった。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

 1点を追うインテルは後半開始からパラシオとエベル・バネガを下げ、イカルディとジョアン・マリオを投入した。しかし、再びチャンスを作ったのはラツィオ。56分、インモービレが相手DFの裏に抜け出すと、エリア内でミランダが倒してしまい、ラツィオにPKが与えられる。ミランダはこのプレーで一発退場となってしまった。これをルーカス・ビリアが落ち着いて決め、ラツィオがリードを2点に広げた。

 ラツィオは数的優位を生かしたいところだったが、77分にステファン・ラドゥが2枚目のイエローカードを受けて退場。10人同士の対決となってしまった。

 インテルは84分に右サイドのアントニオ・カンドレーヴァがクロスを入れると、ファーサイドのイヴァン・ペリシッチが頭で折り返し、最後はマルセロ・ブロゾヴィッチが詰めて1点を返した。なんとか追いつきたいインテルは、後半アディショナルタイムにGKハンダノヴィッチも上げてパワプレーに出たが、最後まで1点が遠かった。このまま2-1でラツィオインテルを下し、準決勝進出を決めた。一方、インテルは公式戦の連勝がストップ。同10試合ぶりの黒星をつけられてしまった。

 インテルは2月5日にセリエA第23節でユヴェントスと、ラツィオはペスカーラと対戦する。

【スコア】
インテル 1-2 ラツィオ

【得点者】
0-1 20分 フェリペ・アンデルソン(ラツィオ
0-2 56分 ルーカス・ビリア(ラツィオ
1-2 87分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング