2017.01.31

【コラム】超攻撃的布陣でさらなる高みへ…今季、ユーヴェが試した7つのシステム

ミラレム・ピアニッチ マリオ・マンジュキッチ パウロ・ディバラ ゴンサロ・イグアイン フアン・クアドラード サミ・ケディラ
ユヴェントスの新布陣で起用されている(左から)ピアニッチ、マンジュキッチ、ディバラ、イグアイン、クアドラード、ケディラ [写真]=Getty Images
イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

 セリエA第22節では2位のローマがサンプドリアに敗れ、3位のナポリも下位のパレルモにドローを演じる中、ユヴェントスがサッスオーロ相手に快勝し首位を守っている。この試合でも前節のラツィオ戦から用いている、今シーズン7パターン目のフォーメーション、超攻撃的な4-2-3-1で危なげのない試合展開だった。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の意図するところが、きっちりと選手たちに伝わっているのが証明された。

 ユヴェントスはセリエAだけでなくコッパ・イタリアでもベスト4に勝ち残り、またチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントも再開される。そんな多くの試合をこなさなければならない同監督が、ケガ人や故障者という理由ではなく新しいフォーメーションを試すとは余裕さえうかがえる。

 その7つ目のフォーメーションを見てみよう。1月22日のラツィオ戦から導入したのは、ワントップにゴンサロ・イグアイン、2列目に(右から)フアン・クアドラードパウロ・ディバラマリオ・マンジュキッチを置き、その下にサミ・ケディラミラレム・ピアニッチを配置するというもの。「レベルの高い全ての攻撃的選手をちりばめた」といっていいこの布陣は、他のチームからしたら羨ましすぎるに違いない。ピアニッチによると、アッレグリ監督からの指示は「ポジションをキープし、あまり上がりすぎないようにすること」だったという。15得点を決めているイグアインはサッスオーロ戦後、次のようにコメントした。「落ち着いてこのやり方を習得していかなければならない。このフォーメーションで今日ただ一つやり残したのは、(3点目で)ゲームを決定づけることだけだった」と自信をもっている。

ゴンサロ・イグアイン マリオ・マンジュキッチ

好調を維持するイグアイン(左)とマンジュキッチ(右) [写真]=Getty Images

 シーズン開幕当初はディバラとマンジュキッチの2トップで3-5-2、10月15日の第8節ウディネーゼ戦では2トップをそのままにしながらも4バックに修正した4-4-2とした。そしてクアドラード、イグアイン、マンジュキッチの3人のFWを投入したのが第12節のキエーヴォ戦。11月のCLのリヨン戦では、ピアニッチをトップ下に据えた4-3-1-2で臨んだ。そしてディナモ・ザグレブ戦は3-4-1-2だった。また、2017年最初のゲームでは、アルベロ・ディ・ナターレ(クリスマスツリー)型と呼ばれる4-3-2-1でボローニャに3-0と快勝した。

 試合数が1試合少ないながらも勝ち点51で2位ローマに4ポイント差をつけているユヴェントス。このまま危なげなくスクデット獲得を果たすのか。7連勝中の4位インテル(勝ち点42)をはじめとする上位のチームの奮起に期待したいところだ。

文=赤星敬子

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング