2017.01.30

2連敗を喫したミラン指揮官「あまりにも未熟な面が出てしまった」

モンテッラ
ミランを率いるモンテッラ監督。ウディネーゼに逆転を許し、2連敗となった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第22節が29日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはアウェーでウディネーゼと対戦し、1-2と逆転負けを喫した。試合後、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

 リーグ戦2連敗を喫したモンテッラ監督は、「とても良く戦っていたが、あまりにも未熟な面が出てしまい、試合に敗れた。私も未熟で、10人になっていたときに失点してしまった。(マッティア・デ・シリオにファウルをした)デ・パウルは退場となるべきだった。我々は敵陣のエリア内に何度も攻め込んでいたし、この結果は少しおかしなものだ。ポジティブに見る必要がある」とコメント。決勝ゴールを挙げたウディネーゼのアルゼンチン人MFロドリゴ・デ・パウルが、その直前のファウルで退場になるべきだったとの見解を示した。

 さらに、「デ・シリオのように選手がケガを負わされたチームには、交代するために10秒間与えられることが正しいだろう。ウディネーゼは、4-5-1で戦い、(エミル)ハルフレドソンが(マヌエル)ロカテッリに対してプレッシャーをかけていた。技術的にも戦術的にも、チームはベストを尽くしたと思う。しかし、ずる賢さという面で改善しなければならない」と続け、もっと狡猾に戦う必要があると主張している。

 また、今冬加入したスペイン人FWジェラール・デウロフェウについては、「上手く試合に入った。後半は、スピードに乗ったプレーを見せたりクロスを放つなど、主役のようなプレーをしていた。ダイナミックなプレーヤーだ」と高く評価している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング