2017.01.27

不振のパレルモ、今季4人目の監督誕生…ディエゴ・ロペス氏が就任

ディエゴ・ロペス
パレルモの指揮官に就任したディエゴ・ロペス氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パレルモは26日、ウルグアイ人のディエゴ・ロペス氏を新監督に迎えたことを正式発表した。2018年6月30日までの契約を締結している。

 現在、セリエAで降格圏の19位に低迷しているパレルモ。22日のセリエA第21節、日本代表DF長友佑都所属のインテル戦後にエウジェニオ・コリーニ監督が辞意を表明し、クラブにとって今シーズン3度目の指揮官交代となった。

 パレルモの今シーズン4人目の指揮官であるD・ロペス新監督は、「これ以上ないチャンスだ。パレルモは重要なクラブ。昨日、(マウリツィオ)ザンパリーニ会長とお会いした。良い結果を残すようにと要求され、それを信じているということがとても喜ばしいものだった」と話し、新監督就任を喜んだ。その上で、「難しい状況にあるということは分かっている。しかし、私も残留を信じている。ハードワークすることが重要だ」と残留のミッションに向けた決意を語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る