FOLLOW US

ユーヴェ退団報道のエヴラ、11年ぶり仏復帰も…酒井所属マルセイユが狙う

ユヴェントスからの退団が報じられているエヴラ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するフランス代表DFパトリス・エヴラに、母国復帰の可能性が浮上した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日に報じている。

 エヴラに関しては今冬、ユヴェントス退団の可能性が大きなニュースとなっている。古巣マンチェスター・U復帰のほか、クリスタル・パレスシャルケなどへの移籍が取り沙汰されている同選手に、母国復帰の可能性も浮上した。

 同メディアによれば日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユが、1年半の契約でエヴラをチームに加えることを画策しているようだ。このほか、リヨンも獲得へ向け同選手に接触しているという。

 現在35歳のエヴラは、2006年に加入したマンチェスター・Uで左SBのレギュラーとして長年活躍し、2014年にユヴェントスへ移籍した。昨年はフランス代表として準優勝したユーロ2016でも決勝までの全7試合にフル出場するなど衰えを感じさせない活躍を見せたが、クラブ加入3年目のシーズンが開幕するとブラジル代表DFアレックス・サンドロにポジションを奪われて出場機会を減らし、セリエA第21節を終えた時点で6試合の出場に留まっている。

 エヴラはフランスで過去に、パリ・サンジェルマンのユースに所属していたほか、モナコやニースでプレーした経験を持つ。仮にマルセイユリヨンへの移籍が決定すれば、11年ぶりのリーグ・アン復帰ということになる。

 ユヴェントスは25日、コッパ・イタリア準々決勝で日本代表MF本田圭佑が所属するミランと対戦する予定だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO