2017.01.23

ユーヴェ、イグアイン&ディバラ弾で2発完封 イタリア杯ミラン戦へ弾み

先制点を喜ぶディバラ(左)とマンジュキッチ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第21節が22日に行われ、ユヴェントスとラツィオが対戦した。

 第20節終了時点で1試合未消化ながら、2位ローマと勝ち点差1で首位に立つユヴェントス。今節は4位ラツィオをホームに迎えての上位対決となった。ユヴェントスは、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、同FWゴンサロ・イグアイン、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は開始5分、ホームのユヴェントスが幸先良く先制に成功する。エリア付近中央で浮き球のパスを受けたマリオ・マンジュキッチが頭で落とす。エリア付近右に走り込んだディバラが直接左足を振り抜くと、ボールはゴール左下に突き刺さった。

 さらに16分、ユヴェントスは右サイドからフアン・クアドラードが低いクロスを供給。相手DFとGKの間に走り込んだイグアインが右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。前半はこのままユヴェントス2点リードで折り返した。

 後半に入って57分、ユヴェントスがチャンスを迎える。ドリブルで持ち上がったクアドラードがエリア付近中央のディバラへラストパス。トラップから左足でシュートを狙ったが、ゴール右に外れた。61分にもイグアインのスルーパスにディバラがエリア内中央に抜け出したが、右足で放ったシュートはわずかにゴール左に逸れた。

 ユヴェントスは最後までペースを握り続け、追加点こそ奪えなかったがこのまま試合は終了。2-0と完封勝利を収め、首位をキープした。25日に行われるコッパ・イタリア準々決勝ミラン戦に向けて弾みをつけた。

 次節、ユヴェントスは29日に敵地でサッスオーロと、ラツィオは28日にホームでキエーヴォと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 2-0 ラツィオ

【得点者】
5分 1-0 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
16分 2-0 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る