2017.01.21

カリニッチは中国移籍せず…フィオレンティーナ残留宣言「僕は残る」

カリニッチ
中国移籍が取り沙汰されているカリニッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 中国移籍が噂されているクロアチア代表FWニコラ・カリニッチが、フィオレンティーナに残留する見込みだ。20日、クラブ公式HPが伝えている。

 カリニッチは、元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ監督率いる天津権健からの関心が報じられてきた。同クラブは最大年俸1200万ユーロ(約15億円)の4年契約をカリニッチに提示しており、フィオレンティーナに支払う移籍金は4000万ユーロ(約49億円)に上ると噂されている。

 しかしカリニッチは、フィオレンティーナ残留をすでに決断したようだ。クラブは20日に公式HP上で、「誰もが僕を中国へ向かわせようとしてきた。フィオレンティーナとファン以外はね。僕は残るよ」というカリニッチがクロアチアメディアに対して語ったコメントを紹介している。

 カリニッチは昨シーズン、ドニプロ(ウクライナ)から加入すると1年目からセリエAで12ゴールを挙げる活躍を見せた。今シーズンもリーグ20試合に出場して9ゴールを挙げており、前年を上回るペースで得点を積み重ねている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る