2017.01.07

インテル移籍の可能性を報じられたDFクリッシト、代理人が接触を否定

クリッシト
DFクリッシトの代理人がインテルとの接触を否定した [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゼニトのイタリア人DFドメニコ・クリッシトの代理人が、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとの接触を否定した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が6日付で伝えている。

 インテルでは長友と左サイドバックのポジションを争うイタリア人DFダヴィデ・サントンと同DFマルコ・アンドレオッリの放出が噂されている。一部ではその空いた枠にクリッシトが加入するとも報じられていた。

 しかし、同紙はクリッシトの代理人の「選手はイタリアには戻らない。インテルとの接触は全く無かった。当面はここに残ることになる」という発言を伝え、同選手のインテル移籍の可能性を否定している。

 現在30歳のクリッシトは、2006-07シーズンにジェノアでデビュー。翌シーズンにはユヴェントスに移籍したものの、2008-09シーズンより再びジェノアに復帰した。2011-12シーズンよりゼニトでプレーする同選手だが、今冬のイタリア復帰は無いようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る