2017.01.05

FWバッカがミラン残留へ…北京国安から巨額オファーも、代理人が移籍否定

バッカ
ミラン残留の見通しを報じられたバッカ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカが、同クラブに残留する見通しとなった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が4日に報じている。

 北京国安から年俸1000万ユーロ(約12億3000万円)の3年契約を提示されていたと見られるバッカ。好条件のオファーを受けたが、ミラン残留を決意した模様だ。

 バッカの代理人を務めるセルヒオ・バリラ氏は「今のところ、ミランを離れなければならない理由はない。イタリアでは彼も家族もとても良く過ごしているし、ミランもバッカのパフォーマンスに満足しているのだからね。そのうえ、スーペルコッパを制してミランで初めてのタイトルを獲得した。1月に荷物をまとめる理由があるのかね?彼はミラン残留を望んでいる」とコメント。バッカがミラン退団を選択する理由がないと強調している。

 バッカは今シーズン、セリエA第18節終了時点(1試合未消化)で14試合に出場し、6ゴールを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る