2016.12.27

“ネイマール2世”ガビゴル、インテル残留希望を強調「自分の第一の考え」

ガビゴル
インテルへの残留希望を強調したガビゴル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザが、残留希望の意思を強調した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が26日に報じている。

 プレースタイルが似ているなどとのことから“ネイマール2世”と称され、今夏にサントスからインテルへ加わった”ガビゴル”(ガブリエウの愛称)。しかし出場機会は限定的で、今冬には退団やレンタル移籍の噂が持ち上がっていた。しかし、本人が噂を一蹴し残留をはっきりと希望している。

 同紙によるとガビゴルは、「イタリアのサッカーは(ブラジルと)異なる。環境に適応しなければならない。インテルに残れるよう願っている」とコメント。さらに、「素晴らしい一流プレーヤーのチームメイトと一緒に、厳しいトレーニングを行っている。イタリアでは多くのことを学んでいるよ。レギュラーになるためにはまだ少し時間が必要だ。自分の第一の考えは、インテルに残ること。自分がピッチに入るときに、声援を送ってくれたサポーターには感謝しているよ」と続け、イタリアのサッカーに適応するにはまだ時間を要すると語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る