2016.12.21

ミランが戦力整理へ、L・アドリアーノはロシア移籍か…今冬の退団が有力

ルイス・アドリアーノ
今冬でのミラン退団が有力視されているL・アドリアーノ [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのブラジル人FWルイス・アドリアーノが、今冬の移籍市場でスパルタク・モスクワに移籍する可能性が高まっているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が20日に報じている。

 同紙によると、ミランは補強資金を手に入れるために、現有戦力を放出する意向を持っている。一時は退団の可能性が取り沙汰されていたコロンビア代表FWカルロス・バッカは残留する見通しだが、L・アドリアーノがクラブを去るようだ。スパルタク・モスクワへの移籍が有力と同紙は予想している。

 L・アドリアーノについては今月7日、ポルトガル紙『A Bola』がスポルティング移籍の可能性を報道。同選手には数多くのオファーが届いている模様で、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の構想から外れているため、今冬の移籍市場での退団が有力視されている。

 L・アドリアーノは1987年生まれの29歳。今シーズンのセリエAでは第17節終了時点で7試合出場(先発は1試合のみ)にとどまり、得点を挙げていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る