2016.12.20

ユーヴェが若手DF獲得か、U21伊代表カルダラの加入合意と伊紙報道

カルダラ
ユーヴェ移籍が合意に達したと報じられたカルダラ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスが、アタランタに所属するU-21イタリア代表DFマッティア・カルダラを獲得することで基本合意に達した模様だ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が19日に報じている。

 報道によると、カルダラがユヴェントスに加わるのは2018年7月とのこと。移籍金は1500万ユーロ(約18億4000万円)で、ボーナスが加わると少なくとも2000万ユーロ(約24億5000万円)に達する模様だ。同選手は同い年(22歳)のイタリア代表DFダニエレ・ルガーニと将来的にセンターバック・コンビを組むことになると予想されている。

 カルダラに対してはインテルやミランも獲得に関心を示していたが、ユヴェントスのゼネラルマネージャー(GM)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏とスポーツディレクター(SD)のファビオ・パラティチ氏が先行して交渉を進め、獲得を成功させたと伝えられている。

 育成の名門として知られるアタランタ生え抜きのカルダラは、トラーパニやチェゼーナといったセリエBクラブへのレンタル移籍を経て、今夏にアタランタへ復帰した。今シーズンはセリエA第17節終了時点で11試合に出場し、守備の選手に成長。さらに、センターバックながら3得点を奪うなど、得点力も見せている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る