2016.12.19

2連勝に満足感示すインテル指揮官「気持ちの強さを見せることができた」

ピオリ
サッスオーロ戦で指揮を執るインテルのピオリ監督 [写真]=Inter/Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第17節が18日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはアウェーでサッスオーロと対戦し、1-0で勝利を収めた。2連勝を飾ったステファノ・ピオリ監督が試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えている。

「寒かろうが暑かろうが違いはない。重要なのは試合へのアプローチだった」と話したピオリ監督は、「気持ちの強さを見せながら勝利することができた。重要な勝利を手にすることができたよ」と勝利を喜んだ。

 ただ一方で、「もっと決定力を持たなければならない。チャンスを生かして、試合をもっと早く終わらせる必要があった。それでも今日は、気持ちの強さや気合いといった面はとても出せていた。こういったことを求めていかなければならないね」と、まだまだ改善すべき点があることも強調した。

 また、試合終盤に出場したブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザについては「私が備える交代のカードだ。彼は改善しようとハードワークしている。すべての選手が試合に出る用意をしており、どうするかを選択するのは私だ」と述べている。

 連勝を飾ったインテルは次節、昨シーズン途中までピオリ監督が指揮したラツィオと対戦する。「次の試合はとても重要だ。勝ち点を重ねて、上位陣を追いかけなければならないからね。勝利できれば、上にいるチームを追い越すことができる。1年の終わりを良い形で締めくくることはとても重要だ。ラツィオ戦は極めて重要な試合になるだろう」と、古巣との年内最終戦に向けて意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る