2016.12.13

上位対決で痛恨、2戦連続のPK失敗…ミランFWニアン「次回は譲る」

ローマ戦にフル出場したミランFWニアン [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第16節が12日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェーでローマと対戦し、0-1と惜敗した。フランス人FWエムバイェ・ニアンが、試合後にクラブ公式メディア『ミランTV』のインタビューに応じた。

 ローマ戦にフル出場したニアンは、「良いプレーをし、出せるもの全てを出し切って、とても素晴らしい試合をしたと思う。この道を歩まなければならない」とコメント。しかしながら、前半に獲得したPKキッカーを務め、ゴール右下に蹴り込んだシュートはローマのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが阻止。前節クロトーネ戦に続くPK失敗については、「自分は難しい時にある。今日もPKを蹴る責任を負った。(失敗して)残念でならない。ただ、全てが悪い方向に進むときは、謙虚にハードワークすることが必要だ」と悔やんだ。

ニアン(11番)が蹴ったPKはGKシュチェスニーに阻まれた [写真]=AS Roma via Getty Images

ニアン(11番)が蹴ったPKはGKシュチェスニーに阻まれた [写真]=AS Roma via Getty Images

 そして、前節クロトーネ戦でPKを蹴る際にキッカーを言い争った、イタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラとの関係については「自分とラパドゥーラには問題はないよ。今日は、PKを蹴る前に自分を勇気づけてくれたし、落ち着くようにと言ってくれた。次回のPKのときは彼に譲るだろう。それに値するプレーを見せているし、自分よりも今は自信がある時だと思う。もし、そう彼が感じているのであれば、彼にPKを蹴らせる。今日はとても素晴らしいプレーをしていた」と、次はPKを譲る意向を明かした。

 また、「自分たちの強さはチームの団結力。それは、以前から言っていたことだ。今日のように戦えれば、土曜日のアタランタ戦では勝ち点3を獲ることができると信じている。ホームで戦うわけだし、2016年最後のリーグ戦。全てのサポーターがチームと一緒に戦ってくれることを願っている」と、次節アタランタ戦での必勝を誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る