2016.12.13

ローマがミランとの上位対決制す ナインゴランが決勝弾、本田は途中出場

ナインゴラン(中央)の決勝点でローマがミランに勝利した [写真]=AS Roma via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第16節が12日に行われ、ローマと日本代表FW本田圭佑が所属するミランが対戦した。

 第15節終了時点で勝ち点「32」で並ぶ、2位ローマと3位ミランの上位対決。首位のユヴェントスは今節、11日にトリノとのダービーを制して勝ち点3を積み上げているだけに、追走したい両チームにとって白星が欲しい一戦となった。

 ホームのローマは現在リーグ2連勝中で公式戦4試合負けなしと好調。先発メンバーは、前節ラツィオ戦と同じで、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコ、アルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティ、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランらが名を連ねた。

 対するミランも連勝中で、直近のリーグ戦5試合中4試合で白星を挙げている。スタメンは前節クロトーネ戦から1名を変更。アルゼンチン代表MFホセ・ソサに代えてイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチを今シーズン初先発として起用し、フランス人FWエムバイェ・ニアンやU-19イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリらが先発に入った。本田はベンチスタートとなっている。

本田はベンチスタートとなった [写真]=NurPhoto via Getty Images

本田はベンチスタートとなった [写真]=NurPhoto via Getty Images

 最初のシュートチャンスを作ったのはローマ。2分、中盤でボールを奪った後、ナインゴランが自陣からドリブルで運ぶ。右サイドに開いたジェコへパスを送ると、エリア内に侵入して右足で強烈なシュート。ボールは枠を捉えたが、GKジャンルイジ・ドンナルンマが防いだ。

 ローマがボールを持って敵陣に押し込む時間帯が続くが、両チームともになかなか決定機は訪れない。しかしながら27分、ミランが一瞬の隙を付いてPKを獲得する。ベルトラッチのスルーパスでエリア内左に抜け出したジャンルカ・ラパドゥーラが、飛び出してきたGKヴォイチェフ・シュチェスニーに倒された。キッカーのニアンはゴール右下に蹴り込んだが、GKシュチェスニーの好セーブに遭い、ゴールネットを揺らすことができなかった。

ローマGKシュチェスニー(奥)がPKを防いだ [写真]=AS Roma via Getty Images

ローマGKシュチェスニー(奥)がPKを防いだ [写真]=AS Roma via Getty Images

 36分にローマにビッグチャンスが訪れる。アントニオ・リュディガーからのロングボールでジェコがDFラインの裏に抜け出す。エリア内右から右足を迷わず振り抜いたが、わずかにゴール左下に外れた。

 ローマは42分、ブルーノ・ペレスが負傷したアクシデントにより、最初の交代カードを切る。ステファン・エル・シャーラウィをピッチに送り込んだ。前半はこのままスコアレスで折り返した。

 後半に入って63分、ローマが先制に成功する。ハーフライン付近でコスタス・マノラスがヘディングでボールを前へ送ると、ナインゴランが右足の巧みなトラップで前を向く。エリア付近中央に運んで左足を振り抜くと、コントロールされたシュートはゴール左に吸い込まれた。

 1点を追うミランは66分、ベルトラッチに代えてマティアス・フェルナンデスを投入。さらに71分には、ラパドゥーラを下げてルイス・アドリアーノ、85分にはマリオ・パシャリッチを下げて本田をピッチに送り込んだ。

 試合はこのまま終了し、ホームのローマが1-0と勝利。勝ち点を「35」に伸ばし、首位ユヴェントスを勝ち点差「4」で追っている。一方のミランは6試合ぶりの敗戦となった。

 次節は17日、ローマは敵地で首位ユヴェントスと、ミランはホームでアタランタと対戦する。

【スコア】
ローマ 1-0 ミラン

【得点者】
1-0 63分 ラジャ・ナインゴラン(ローマ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る