2016.12.10

ストロートマンの出場停止処分が取り消し…ミラン&ユーヴェ戦でプレー可能

ストロートマン
ラツィオ戦で得点を決めたMFストロートマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマは9日、クラブに所属するオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンへ科されていた出場停止処分が取り消されたことを公式HPを通じて発表した。

 ストロートマンは4日に行われたセリエA第15節のラツィオ戦で先制点を決めた直後、ラツィオのイタリア人MFダニーロ・カタルディに対しペットボトルの水を投げかけた。これが「深刻な反スポーツ行為」とみなされた同選手には試合後、12日に行われるリーグ第16節ミラン戦、17日に行われる第17節ユヴェントス戦の出場停止処分が命じられていた。

 しかしローマは、この判定を不服として異議を唱えていた。すると訴えを受けた審議委員会が、出場停止処分の取り消しを決定。これにより、ストロートマンはミラン戦及びユヴェントス戦でのプレーが可能となった。

 現在26歳のストロートマンは、今シーズンのローマで主力として活躍。前節終了時点でリーグ13試合に出場2得点を記録している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る