2016.12.04

本田のFKからラパドゥーラが決勝点…ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち

ジャンルカ・ラパドゥーラ
本田のFKから決勝点を決めたラパドゥーラ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第15節が4日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランとクロトーネが対戦した。本田は5試合連続のベンチスタートとなった。

 前節、エンポリと対戦したミランはFWカルロス・バッカの代役であるFWジャンルカ・ラパドゥーラの2得点などにより、4-1で快勝を収めた。これで2位ローマと同勝ち点につけている。今節は19位の昇格組・クロトーネと対戦。しっかりと勝ち点3を掴みたいところだ。

 試合を支配するミランに対し、クロトーネは前線からの守備でチャンスを作る。8分、高い位置でボールを奪うと、 レオナルド・カペッツィがドリブルから左足シュートを放ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 続く26分、左サイドのアドリアン・ストイアンがアーリークロスを入れると、エリア内に入っていたマルクス・ローデンがこれを受ける。ローデンはマッティア・デ・シリオからファウル気味のチャージを受けたが、なんとかキープして左へパス。最後はディエゴ・ファルチネッリが左足で蹴り込み、クロトーネが先制に成功した。

ディエゴ・ファルチネッリ

ファルチネッリの得点を喜ぶクロトーネの選手たち [写真]=Getty Images

 先制されたミランは徐々にシュートシーンを増やしていく。40分にはロングボールに抜け出したニアンがフリーでシュートを放ったが、ここはDFにブロックされてCKとなる。直後の41分、スソが左足でクロスを入れると、ニアのガブリエル・パレッタがすらしたボールを、ゴール前に走り込んだマリオ・パシャリッチが頭で合わせて同点に追いついた。前半はこのまま1-1で終了する。

マリオ・パシャリッチ

同点ゴールを決めたパシャリッチ [写真]=Getty Images

 後半立ち上がりの51分、エリア内でボールを持ったラパドゥーラがロレンツォ・クリセティグに倒されてPKを獲得する。キッカーのニアンがゴール左を狙ったが、ややコースが甘くGKアレックス・コルダツが読み切ってセーブした。

エムバイェ・ニアン

PKを失敗したニアン [写真]=Getty Images

 ミランは73分にホセ・ソサを下げ、ルイス・アドリアーノを投入した。さらに81分、ニアンを下げて本田を投入した。本田は10月25日のジェノア戦以来約1カ月ぶりの出場となった。

 すると86分、ミランが左サイドでFKを獲得。本田がクロスを上げると、相手DFのクリアミスを拾ったラパドゥーラがこれを押し込み、ミランが逆転に成功した。ラパドゥーラは2試合連続ゴールとなった。このまま2-1でミランがクロトーネを下し、連勝を飾っている。本田は81分から途中出場した。

ジャンルカ・ラパドゥーラ

2試合連続ゴールを決めたラパドゥーラ [写真]=Getty Images

 次節、ミランは敵地でローマと、クロトーネはホームでペスカーラと対戦する。

【スコア】
ミラン 2-1 クロトーネ

【得点者】
0-1 26分 ディエゴ・ファルチネッリ(クロトーネ)
1-1 41分 マリオ・パシャリッチ(ミラン)
2-1 86分 ジャンルカ・ラパドゥーラ(ミラン)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る