2016.12.02

サントス会長、今夏インテル加入のFWガビゴル復帰を熱望 今季出場わずか16分

COMO, ITALY - NOVEMBER 11:  Gabriel Barbosa Gabigol of FC Internazionale in action during the FC Internazionale training session at the club's training ground "La Pinetina" on November 11, 2016 in Como, Italy.  (Photo by Marco Luzzani - Inter/Inter via Getty Images)
今夏インテルに加入したが、出場機会がなかなか得られないFWガブリエウ [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サントスのモデスト・ローマ会長が、日本代表DF長友佑都が所属するインテルのブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザの復帰を強く希望していることを明かした。

 ローマ会長はブラジルメディア『Bradesco Esportes』のインタビューで、「ガビゴル(ガブリエウ・バルボーザの愛称)がもう一度サントスでプレーすることが夢だ。夢というものは時に実現するものだ。今彼はインテルでプレーしているが、もし彼らがレンタルで譲渡する意思があるのなら、私はとても幸せだ」と言明。レンタル移籍での復帰を希望していると口にした。

 一方で、「ガビゴルとは話していない」と、選手本人には接触していないとコメント。「ミラノで全力を尽くせるように、環境に慣れさせ、全員が応援しなければならない。今、ミラノは寒く、彼が好む気候ではない。ミラノの冬はとても厳しいだけに、我々はガビゴルを応援している」と続け、気候や環境に順応できるように応援していることを明かしている。

 現在20歳のガブリエウは2015年のコパ・ド・ブラジウで得点王に輝き、“ガビゴル”という愛称で呼ばれる左利きのストライカー。サントスの下部組織出身であることや、プレースタイルが似ていることから“ネイマール2世”と称される。

 今夏行われたリオデジャネイロ・オリンピックのブラジル代表メンバーにも選ばれ、本大会では全6試合出場2ゴールで金メダル獲得に貢献。今夏の移籍市場で鳴り物入りでインテルに加入した。しかしながら、11月28日のセリエA第14節終了時点でわずか1試合の出場で16分のプレー時間にとどまっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
36pt
ホッフェンハイム
31pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る