2016.11.27

ミラン、4発快勝で首位ユーヴェを追走…ラパドゥーラ2得点、本田出番なし

ジャンルカ・ラパドゥーラ
2得点を挙げたラパドゥーラ(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第14節が26日に行われ、エンポリと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦した。本田はベンチスタートとなった。

 ミランは前節の“ミラノ・ダービー”で終盤までリードしながらも、最後に追いつかれてドローに持ち込まれた。ただ、2位ローマがアタランタに敗れたため、勝ち点26で並んだ。首位ユヴェントスに離されないためにも、今節は勝ち点3が求められる。この日はFWカルロス・バッカが負傷欠場。FWエムバイェ・ニアンもベンチスタートとなり、前線はFWスソ、FWジャンルカ・ラパドゥーラ、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラが並んだ。

 開始から積極的に出たのはエンポリ。3分、ラデ・クルニッチがマッティア・デ・シリオのパスをカットして中央へ折り返す。走り込んだマッシモ・マッカローネがダイレクトシュートを狙ったが、ミスキックとなり枠の右へ外れてしまった。6分、アサヌ・ディウセ、ダニエレ・クローチェとつなぎ、最後はリッカルド・サポナーラがシュートを放ったが、ここはGKジャンルイジ・ドンナルンマに防がれた。

 10分、ミランにアクシデントが発生する。今シーズン初先発のマティアス・フェルナンデスが負傷交代し、ユライ・クツカが代わって入った。すると15分、ミランはクツカが右サイドでボールを奪うと、スソへつなぐ。スソがマイナスのクロスを入れると、ラパドゥーラがダイレクトでゴール左下に決め、ミランが先制に成功した。

 しかし、直後の17分にエンポリが反撃。ギド・マリルンゴがアーリークロスを入れると、GKドンナルンマが懸命に飛び出てパンチングでカットする。しかし、このボールを拾ったサポナーラが無人のゴールに決め、すぐさま同点に追いついた。前半はこのまま1-1でハーフタイムを迎える。

 スコアが動いたのは61分。ミランが右サイドから崩すと、イニャツィオ・アバーテの折り返しをスソがゴール左下に決め、ミランが逆転に成功。スソは3試合連続ゴールとなった。勝ち越したことで流れは一気にミランへと向かう。64分、左サイドを突破したボナヴェントゥーラがエリア内左からマイナスの折り返し。これがアンドレア・コスタのオウンゴールを誘いミランが追加点を奪った。

 完全にミランのペースとなると、77分にはスソからのパスに抜け出したラパドゥーラが切り返しで相手DFをかわし、左足を振り抜いてこの試合2点目を奪った。このままミランが4-1でエンポリに快勝。首位ユヴェントスに暫定で4差まで迫った。なお、本田は4試合連続で出場機会が訪れなかった。

 次節、エンポリは敵地でサッスオーロと、ミランはホームでクロトーネと対戦する。

【スコア】
エンポリ 1-4 ミラン

【得点者】
0-1 15分 ジャンルカ・ラパドゥーラ(ミラン)
1-1 17分 リッカルド・サポナーラ(エンポリ)
1-2 61分 スソ(ミラン)
1-3 64分 オウンゴール(アンドレア・コスタ)(ミラン)
1-4 77分 ラパドゥーラ(ミラン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る