2016.11.14

伊代表、ドイツ戦は再び「3-5-2」を採用へ…GKにはドンナルンマ起用か

リヒテンシュタイン戦には「4-2-4」で臨んだイタリア代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリア代表は、15日にミラノで行われるドイツ代表との親善試合で「3-5-2」を採用するとの見方が強まっている。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が13日に報じた。

 12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選リヒテンシュタイン代表戦では、「4-2-4」の攻撃的布陣で臨み、4-0の勝利を収めたアッズーリ。しかしながら、強豪ドイツ代表との一戦では、「3-5-2」の布陣が採用される見通しとなっている。

 また、GKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)に代わって、17歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)が起用される可能性も少なからずあるものと見込み。ただ、これまで何度も名勝負を繰り広げてきた宿敵ドイツとの一戦とあって、今回招集されている若手の多くが起用されることはない、と予想されている。

 それでも、リヒテンシュタイン戦で出番がなかった、MFマルコ・パローロ(ラツィオ)とDFマッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U)の2人は、ドイツ戦で先発起用されることはほぼ確実とも報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る