2016.11.14

セビージャ、ミランFWバッカの復帰を再び画策…本人はCL出場を希望か

カルロス・バッカ
ミランで2シーズン目を迎えているFWバッカ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャが、同FW本田圭佑が所属するミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカの復帰を再び画策していることがわかった。スペインメディア『estadiodeporte.com』が13日に報じている。

 バッカは、ミランに移籍する2015年夏までの2シーズン、セビージャに在籍。チームの2年連続ヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献し、2014-15シーズンには同大会で得点王に輝いている。

 今夏の移籍市場では、古巣復帰の噂が持ち上がり、チャンピオンズリーグ出場を強く願う本人も復帰を希望しているものと報じられた。結局、移籍は実現せず、ミラン残留の運びとなったが、セビージャがまだバッカの復帰を諦めていないと、同メディアは報道。今後もバッカの去就に注視が必要だと伝えている。

 現在30歳のバッカは、ミラン加入1年目の昨シーズンはセリエAでリーグ3位の18ゴール。今シーズンもリーグ戦12試合に出場し、チームトップの6ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る