2016.11.14

本田はミランとの契約延長希望か 代理人「定期的にコンタクトを取っていく」

本田圭佑
去就に注目が集まる本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在、15日の2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のサウジアラビア代表戦へ準備を進めているミラン所属の日本代表MF本田圭佑。そんな中、イタリアメディア『calciomercato.com』は13日、本田の兄で代理人を務める本田弘幸氏のコメントを掲載し、去就について伝えた。

 今シーズンのセリエAでわずか3試合、合計80分間のプレーにとどまっている本田。出場機会の少ない同選手を、ミラン側は移籍金200万ユーロ(約2億3000万円)に設定して放出へ向けた準備を進めているとの報道があり、8日には中国スーパーリーグの上海上港から関心があるとも伝えられていた。

 しかし同メディアによると弘幸氏は、「私は報道機関を通じて、上海上港からのオファーの情報を知った。何のシグナルも届いていないのに、なぜこのような主張が行われるのか分からない」とコメント。上海上港からの接触はないと断言した。

 本田とミランとの現行契約は2017年6月30日で満了となる。それでも弘幸氏は、「彼(本田圭佑)とミラノとの契約更新には何の問題もない」と本田側の意思を明らかにした。また、「全てはミランでどのように数カ月を過ごしていくかによる。我々は6月まで、定期的にコンタクトを取っていくつもりだ」と今後交渉を続けていく姿勢を示している。

 減少しているクラブでの出場機会については、「両者(ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督と本田)の関係は相思相愛と言えない。多分、今のところでは重要な選手と考えられていないだろう。しかし、フットボール界ではすべてのことが短期間で変わりうる」と言及。今後、本田がミランで結果を残していく可能性が十分にあるとした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る