2016.11.07

インテル、元ラツィオ指揮官ピオリ氏を新監督に招へいへ…8日にも公式発表か 

昨シーズン途中までラツィオを率いていたピオリ氏 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、次期監督に昨シーズン途中までラツィオを指揮したステファノ・ピオリ氏を招へいすることが決定的となった。イタリア紙『トゥットスポルト』が7日に伝えている。

 インテルは現地時間7日、クラブ公式サイトで「48時間以内に新監督の名前を公表する。この数日、いくつかの会談が行われてきた。クラブがチームの未来のために確実な導き手を見つけなければならない時、このような会談は慣例的なものである。同時に、幹部レベルの交代も発表される」とクロトーネ戦前に声明を発表。監督交代だけでなく、幹部レベルの人事交代もあることを明らかにしている。

 一時は、元ビジャレアルのマルセリーノ・ガルシア・トラル氏の監督就任が最有力と見られ、さらには元イタリア代表のジャンフランコ・ゾラ氏も候補の一人に挙がるなど、監督人事は混乱の様相を呈していた。

 しかし、7日にクラブ首脳の会談がミラノ市内のアルマーニホテルで行われ、同席していたマルセリーノ氏の代理人であるエウジェニオ・ボタス氏が「インテルはピオリを選択した」と明言。会議に出席していたマルセリーノ氏もミラノを後にしており、インテルは最終的にピオリ氏を選択したと同紙は報道している。2018年6月30日までの契約を結び、8日からピオリ氏がチームを指揮することになるものと見られる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る