2016.11.07

【コラム】GKブッフォンの歩み…17歳でデビュー、屈辱の2部降格、そして600試合出場

ブッフォン
セリエA通算600試合出場を達成したブッフォン [写真]=Corbis via Getty Images
イタリア・ジャーナリスト協会会員。ミラノ在住。

 ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、6日に行われたキエーヴォ戦で、セリエA通算600試合出場を達成した。これはイタリア歴代4位の記録で、3位のFWフランチェスコ・トッティ(ローマ)の607試合までその差はわずか。今シーズン中に順位が逆転することも十分に考えられる。

 キエーヴォ戦では、66分にベテランFWセルジョ・ペリシエにPKを決められたものの、結果的には2-1で勝利を収め、メモリアル・ゲームを飾った。なお、このペリシエも、ユヴェントス戦がセリエA通算400試合目という記念すべき区切りの一戦だった。

 ちなみに、現役選手の最多出場は先ほど挙げたトッティが607試合で歴代第3位、そして4位がブッフォン、FWアルベルト・ジラルディーノ(エンポリ)が504試合出場で歴代13位、ペリシエは63位にランキングされている。

 歴代トップは元イタリア代表DFで、ミランで活躍したパオロ・マルディーニ氏の647試合。続く2位は同じくディフェンスの鉄人、ハビエル・サネッティ現インテル副会長の618試合だ。ブッフォンは元イタリア代表GKジャンルカ・パリューカ氏(インテル、ボローニャなどでプレー)の592試合を破り、記録を伸ばしているところだった。

 それでは、レジェンドになりつつある38歳ブッフォンのこれまでの歩みを見てみたい。

 センセーショナルなデビューを果たしたのは、1995年11月19日のパルマ対ミラン戦だった。弱冠17歳だったブッフォンは、パルマの正GKルカ・ブッチのケガにより出場チャンスが巡ってきた。当時、ベンチに座っていたのはネヴィオ・スカラ監督だった。GKコーチのヴィンチェンツォ・ディ・パルマ氏から「こいつは怪物だ」という評価を聞いていただけあって、ミランというビッグチーム相手にも躊躇することなく、ブッフォンをピッチに送り出したという。

 そのパルマで168試合出場、イタリア代表にも選出されたブッフォンはプレーの場をユヴェントスに移す。順調にそのキャリアを積んでいたブッフォンに、初めての理不尽な暗雲が立ち込めたのは2006年夏、ルチアーノ・モッジ氏らユヴェントス幹部の審判買収、脅迫行為だった。築いた2回のスクデットはく奪、そしてセリエBへの降格という制裁を受けたユヴェントス。2部降格などなかった常勝軍団にとって、セリエBで過ごした2006-07シーズンは屈辱の年だった。

 しかし、クラブは停滞することなく、1シーズンでセリエAに返り咲く。ブッフォンのセリエA出場記録の数字を見ると、セリエBでの1年がセリエAであれば、歴代2位・サネッティ氏の記録を超えており、マルディーニ氏の最多出場記録647試合を脅かすものになっていたに違いない。

 ただ、ブッフォンには時間がないと言えるだろうか。いや、そうではない。守備陣の高齢化が進んでいるユヴェントス、またイタリア代表にしても、ブッフォンに代わるGKの後継者が誕生しない限り、ブッフォンは引退などとは言っていられないのだ。

文=赤星敬子

※データは11月5日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』より

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る