2016.11.02

エヴァートン、ローマMFストロートマン獲得を画策か 指揮官が希望

ストロートマン
エヴァートンが獲得を画策しているローマのストロートマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンが、ローマのオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンの獲得に動いていると、イギリス紙『エクスプレス』が11月1日に報じた。

 同紙によると、エヴァートンは中盤の強化を目指しており、ストロートマンの獲得に向けて2000万ユーロ(約23億円)を用意している模様。ストロートマンと同胞のロナルド・クーマン監督が、同選手の強く獲得を願っているようだ。

 クーマン監督は、昨シーズンにクラブ史上最高位となる6位に導いたサウサンプトンを経て、今シーズンからエヴァートンを指揮。就任1年目ながら6位とまずまずの順位につけており、さらなる上位進出を目指して、中盤の核となりうるストロートマンに獲得を強く望んでいるようだ。

 エヴァートンのターゲットとなったストロートマンは、今シーズンの公式戦12試合に出場。セリエA第2節のカリアリ戦と、ヨーロッパリーグ・グループステージ第2節のMF瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)戦では、それぞれ得点をマークしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る