2016.10.31

ミラン、ローン加入の21歳MFがデビュー ゴール奪えず悔やむ「チャンスがあったのに」

パシャリッチ
ミランでのデビューを飾ったパシャリッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ミランは30日、セリエA第11節でペスカーラと対戦し1-0で勝利を収めた。試合後、途中出場したクロアチア代表MFマルコ・パシャリッチのコメントを、イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が伝えている。

 格下のペスカーラと対戦したミランは、後半開始早々にイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラが壁の下を通す見事なフリーキックを蹴り込み先制。そのまま試合を終えて1-0と辛勝した。パシャリッチは後半途中から投入され、移籍後初出場。クロスにゴール前で合わせるチャンスもあったが、惜しくも得点はならず。それでも、初めてジュゼッペ・メアッツァのピッチに立ったことの意義は大きい。

 今シーズン、チェルシーからレンタル移籍で加入しているパシャリッチは試合後『ミランTV』のインタビューに応え、「サン・シーロでのデビューを飾れて嬉しいよ。勝利したことも良かった。いい気分だし、プレーする準備はできている。チームメートと監督に感謝しているよ」と、喜びを語った。一方で「いいチャンスがあったのに、点を獲れなかったのは残念」と、ヘディングのシーンを悔やんでいる。

 ミランは現在、セリエAで3位につけている。好調を維持するチーム状況について「僕らは順位表を気にすること無く、これを続けていく必要がある。シーズンの終わりになれば、順位はわかるさ」と、冷静な見解を示したパシャリッチ。昨シーズンモナコでリーグ7ゴールを挙げた同選手は、上位進出を狙うミランで輝きを放てるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る