2016.10.31

首位ユーヴェがナポリ撃破 本田と長友は出番なし/セリエA第11節

本田圭佑
本田圭佑(右下)は出番なし。ユーヴェ(左)が首位をキープした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第11節が29日から30日にかけて各地で行われた。

 首位ユヴェントスはホームにナポリを迎え、上位対決に臨んだ。1-1で迎えた70分、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが古巣相手に決勝ゴールを挙げ、ユヴェントスが2-1と競り勝った。勝ち点「27」で首位をキープしている。

 2位のローマは敵地でエンポリと対戦し、痛恨のスコアレスドロー。ユヴェントスとの差は4ポイントに開いた。前節で7試合ぶりの敗戦を喫したミランは、ホームでペスカーラに1-0と辛勝。勝ち点は「22」となっている。日本代表FW本田圭佑はベンチ入りしたが、出場機会は得られなかった。

 前節で5試合ぶりの勝利を収めたインテルは、敵地でサンプドリアに0-1と完封負け。日本代表DF長友佑都はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

 セリエA第11節の結果は以下のとおり。

■セリエA第11節
ボローニャ 0-1 フィオレンティーナ
ユヴェントス 2-1 ナポリ
アタランタ 3-0 ジェノア
クロトーネ 2-0 キエーヴォ
エンポリ 0-0 ローマ
ラツィオ 2-1 サッスオーロ
ミラン 1-0 ペスカーラ
サンプドリア 1-0 インテル
ウディネーゼ vs トリノ(31日開催)
カリアリ vs パレルモ(31日開催)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る