FOLLOW US

ユーヴェ戦で決勝弾の18歳ロカテッリ「世界最高のGKから得点を奪うなんて」

ユヴェントス戦で決勝ゴールを挙げたロカテッリ [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは22日、セリエA第9節でユヴェントスに1-0で勝利した。試合後、決勝ゴールをマークしたU-19イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリがインタビューに応え、コメントをイタリアメディア『メディアセット』が同日に伝えている。

 負傷離脱中の主将イタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォに代わって出場機会を増やしている18歳のロカテッリ。先日セリエAで初ゴールをマークしたばかりの新星は、ユヴェントスとの大一番でもスタメン入りを果たした。スコアレスで迎えた65分、エリア右からファーサイドの上段に決勝ゴールとなる素晴らしいシュートを叩き込んで、チームを勝利に導いている。

 試合後ロカテッリは、「まだ自分でも何をしたのかわからないんだ。世界最高のGKから得点を奪うなんて、驚くべきことだよ」と、ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが守るゴールに決めたことの喜びを語った。

 その上で「このゴールは家族に捧げるんだ。それから、ファーストチームに入れてくれたシルヴィオ・ベルルスコーニ会長にもね」と、感謝の気持ちを表現している。

 ロカテッリの活躍で王者ユヴェントスに勝利したミランはこれでリーグ戦3連勝。首位から2ポイント差に迫り、独走態勢へと入りかけていたユヴェントスに待ったをかけた。次戦は25日に第10節でジェノアと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO