2016.10.21

ヴィツェル、ゼニトとの契約更新交渉を拒否 ユーヴェ移籍を強く希望か

ヴィツェル
2012年夏からゼニトでプレーするMFヴィツェル [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが、クラブからの契約更新を拒んでいるようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が19日に報じた。

 同紙によると、2017年6月30日限りでゼニトとの契約が満了となるヴィツェルと、ルーマニア人監督のミルチェア・ルチェスク氏が会食を行い、契約延長のオファーを提示。現在の2倍の年俸が提示されたものの、ヴィツェルはこれを頑なに拒否したようだ。

 今夏、ヴィツェルはユヴェントスへの移籍が報じられ、メディカルチェックを済ませて契約書へのサインのみまで迫ったが、土壇場で残留が決定。しかしながら、すでに移籍が内定しているとされており、本人も移籍を強く望んでいるものと見られる。

 現在27歳のヴィツェルは、スタンダール・リエージュの下部組織出身で、その後トップチームでもプレー。ベンフィカを経て2012-13シーズンからゼニトに在籍し、これまでにロシア・プレミアリーグやチャンピオンズリーグなど公式戦通算169試合に出場している。また、ベルギー代表としても2008年にデビューして以降、通算78試合に出場し、7ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る