2016.09.02

キエッリーニ、フランスに完敗も新指揮官を称賛「素晴らしい印象を与えた」

キエッリーニ
フランス戦にフル出場を果たしたDFキエッリーニ(3番) [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリア代表は1日、ホームのバーリでフランス代表とテストマッチを行い、1-3と敗戦を喫した。

 ユヴェントスに所属するGKジャンルイージ・ブッフォンが退いたあと、キャプテンマークを巻いた同DFジョルジョ・キエッリーニ。試合後、イタリアメディア『Rai』のインタビューに答えている。

 7月に就任したジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督のもとでの初陣に臨んだイタリア。キエッリーニは「ヴェントゥーラ監督は素晴らしい印象を与えた。この2年間で我々が築いたものを失わせないような希望を得たね。ユーロ後の50日間も変わってはいなかった。5日のイスラエルとのアウェー戦で、監督に勝利をプレゼントしたい。もっとも難しい試合の一つとなるだろうが、とにかく勝利で試合を終えることが何よりも重要だ」と話し、敗戦にもかかわらずポジティブな印象を得たと明かした。

 そして、決勝点となったフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの得点については「もっと良く状況を読み取るべきだったし、もっと上手く対応できた。全員がカバーリングの部分でもっと上手く対処できたと思う」と続け、守備の対応が上手く機能しなかったことを明かしている。

 イタリア代表は5日、2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選の初戦を迎え、敵地でイスラエルと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る