FOLLOW US

ヴィツェルがゼニト残留を明言…ユーヴェらが関心も、移籍は来夏以降か

ゼニト残留の意向を明かしたヴィツェル [写真]=Getty Images

 ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが、同クラブ残留を明言した。イタリア紙『トゥットスポルト』が11日に報じている。

 今夏の移籍市場でゼニトを退団することが有力と見られ、ユヴェントスナポリなど複数クラブによる争奪戦が行われると報じられていたヴィツェル。しかし今回の報道によれば、同選手はゼニトを離れる意思がないことを明かしている模様だ。

 ヴィツェルはロシア紙『R-Sport』のインタビューで、記者から「ユヴェントスナポリインテルエヴァートンが獲得に関心を寄せているが、移籍するのか」との質問を受け、「この噂は世界を駆け巡った。しかし自分にとっては、もう1年ここ(ゼニト)に残ったほうが良いだろう。それからどうなるか見てみようじゃないか。今はゼニトでプレーすることだけに集中している」とコメント。「契約が切れる時にゼニトを去ることになるかどうかはわからない。このシーズンが終わってから、どうなるか見てみようじゃないか」と、現行契約が満了を迎える2017年6月30日まではゼニトに留まる意思を明かした。

 ヴィツェルは1989年生まれの27歳。スタンダール・リエージュの下部組織からトップチームに昇格し、ベンフィカを経て2012年からゼニトでプレーしている。ユーロ2016にはベルギー代表の一員として参戦し、準々決勝までの全5試合に出場して1ゴールを記録した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO