FOLLOW US

パリSGの攻撃に苦戦も…伊メディア、左MF長友のカバーリングを評価

左サイドハーフとして先発出場した長友佑都(中央) [写真]=Inter via Getty Images

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2016のアメリカ・ヨーロッパラウンドが24日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルパリ・サンジェルマンが対戦。インテルは1-3と敗れた。長友は左サイドハーフで先発出場し、71分に交代した。

 イタリアメディア『inter dipenzanza』は、同試合の採点を掲載。長友には「5.5」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では「良いカバーリングがいくつか見られた。しかし、パリ・サンジェルマンのテクニックとフィジカルに苦しんだ」と記され、まずまずの評価となった。

 なお、インテルの最高点はブラジル代表DFミランダの「7.5」で「いつものように素晴らしい壁となった」と絶賛されている。一方、最低点はスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチで「4.5」。「FKのセーブが悪かったことが最初の失点につながり、2点目でもFKでのポジショニングが悪かった」と記された。

 次戦、インテルは30日にバイエルンと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO