2016.07.25

インテル指揮官、電撃辞任の可能性も…契約延長を受け入れられず

マンチーニ
電撃辞任の可能性を報じられたマンチーニ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督が、クラブ側に契約延長を要求している。インテル側は拒否する構えで、同監督が辞任を決断する可能性もあるようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が24日に報じた。

 マンチーニ監督はインテルと2017年6月30日までの契約を結んでいる。2016-17シーズン限りで満了を迎えることとなるが、同監督はさらに1年の延長を希望。2018年6月30日までの契約延長を要求しているようだ。さらに年俸470万ユーロ(約5億5000万円)を希望しているものと見られる。

 しかし報道によると、インテルはマンチーニ監督の要求を受け入れない模様。同クラブは今年12月までの結果を考慮したうえで、契約延長を行うかどうかの判断をしたいと考えているようだ。

 要求を受け入れられない見込みとなったマンチーニ監督は、インテル指揮官を辞任する可能性もあると報じられている。インテルは8月21日のセリエA第1節でキエーヴォとのアウェーゲームに臨むが、開幕まで1カ月を切ったところで不穏な空気が漂い始めている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る