2016.07.22

本田の次は長友の同僚に?…インテル、移籍先探すバロテッリに興味か

2015-16シーズンはミランで本田(左)とともにプレーしたFWバロテッリ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、リヴァプール退団が決定的となっているイタリア人FWマリオ・バロテッリ獲得に興味を示しているようだ。21日、イギリスメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 同メディアによると、ロベルト・マンチーニ監督がインテルやマンチェスター・C時代の教え子であるバロテッリに興味を示している模様。資金も多くはかからないと予想されるため、経営権を握る蘇寧グループのオーナーも前向きなようだ。

 インテルは今夏、マンチーニ監督が過去に率いていたマンチェスター・Cのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレや、アルゼンチン人DFパブロ・サバレタの獲得に着手。しかしながら、両者とも加入には至らなかった。

 一方のバロテッリは昨シーズン、日本代表MF本田圭佑が所属するミランにレンタル移籍していたが、セリエAで20試合出場1ゴールと不本意な結果に終わり、ミランへの完全移籍を果たすことはできなかった。そのため今夏リヴァプールへ復帰することとなったが、ユルゲン・クロップ監督は同選手を戦力とはみなさず、チームを退団することで合意したと報じられている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る