2016.07.08

セリエA初挑戦のはずが…名将ビエルサ、わずか2日でラツィオと契約解除

ビエルサ
ラツィオとの契約を2日で解除したビエルサ氏。アルゼンチン代表監督就任か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ラツィオは8日、6日に就任を発表したマルセロ・ビエルサ氏が契約解除を申し入れていることを明らかにした。同クラブは「驚きをもって」と表現し、声明を発表している。

 今回の声明によると、ビエルサ氏は先週に契約書へのサインを済ませているとのこと。就任発表からわずか2日後に契約解除を申し入れられたことについてラツィオは「明白な契約違反がある。我々は権利を守るべく、法的措置も辞さない」と発表している。

 ビエルサ氏は以前からラツィオと交渉を行っていることを報じられており、6日の就任発表は既報どおりと言えた。ただ、5日にアルゼンチン代表のヘラルド・マルティーノ監督が辞任を発表してからは同監督の後任候補として取り沙汰されるようになり、動向が注目されていた。ラツィオは報道を制するように6日にビエルサ氏の新指揮官就任を発表したが、わずか2日での契約解除となった。

 今回の契約解除を受け、スペイン紙『マルカ』は「アルゼンチンの方向へ?」と、ビエルサ氏が同国代表指揮官就任を優先させたのではないかという憶測を記している。なお、ビエルサ氏は1998年に就任したエスパニョール時代にも、シーズン開幕からわずか6試合で辞任し、アルゼンチン代表監督に就任していた。

 ビエルサ氏は1955年生まれの60歳。母国アルゼンチンのニューウェルズで指揮官としてのキャリアをスタートし、メキシコやスペインのクラブを歴任した。1998年から2004年にかけてはアルゼンチン代表を指揮。2007年から2011年まではチリ代表を率いた。以降はアスレティック・ビルバオを経てマルセイユで指揮を執り、昨年8月に辞任。今回のラツィオ指揮官就任がセリエA初挑戦となる予定だった。

 なお、ラツィオはビエルサ氏との契約解除に伴い、2015-16シーズン終了まで指揮を執っていたシモーネ・インザーギ氏に「準備の最終段階になったが、チームマネージメントを委託することになった」と発表。同氏が指揮官に再就任することとなった模様だ。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る