2016.07.04

ラツィオの要求額に満たず…インテル、カンドレーヴァ移籍交渉が難航

カンドレーヴァ
ユーロ2016では2試合に出場したカンドレーヴァ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ラツィオに所属するイタリア代表MFアントニオ・カンドレーヴァインテルへの移籍交渉が難航していることがわかった。イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が3日に報じている。

 インテルはカンドレーヴァ本人とは移籍で合意に達しているものの、ラツィオとは移籍金をめぐって交渉が停滞。インテル側は移籍金1800万ユーロ(約20億5000万円)に200万ユーロ(約2億3000万円)のボーナスを支払う条件を提示しているものの、ラツィオは2500万ユーロ(約28億5000万円)を要求。双方の提示額に開きがあり、インテルが移籍交渉から撤退する可能性があることも報じられている。

 カンドレーヴァは1987年生まれの29歳。2007年にウディネーゼへ加入し、リヴォルノやユヴェントス、パルマ、チェゼーナへのレンタル移籍を経験した。2012年からはラツィオでプレー。今シーズンはセリエAで30試合に出場し、チームトップの10ゴールを記録。現在開催中のユーロ2016では、イタリア代表の一員として準々決勝までの全5試合中2試合に出場した。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る