2016.06.17

ユーヴェが積極補強へ、移籍志願のヴィツェルに関心…獲得レース参戦か

ヴィツェル
イタリア戦に出場したベルギー代表MFヴィツェル。ユヴェントスからの関心が伝えられている [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスが、ゼニトに所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの獲得に関心を高めている。イタリア紙『トゥットスポルト』が16日に報じた。

 ユーロ2016・グループステージ初戦のイタリア代表戦にフル出場したヴィツェルは「新たなリーグでチャレンジしたいと思っている。レベルを上げ、ヨーロッパのビッグクラブでプレーしたい」と移籍を志願していることを表明したばかり。同選手は中盤の複数のポジションをこなせることから、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、高くその能力を評価している模様だ。

 すでにローマからボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチを獲得しているユヴェントスだが、移籍市場でさらに積極的な動きを見せている。また、同紙によると、今夏の移籍市場でゼニトがヴィツェルの譲渡を拒んだ場合、契約が2017年6月30日までとなっていることから、来夏にフリーで退団することになると伝えている。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る