2016.06.09

争奪戦勃発か…チェルシーとマンC、ユーヴェの伊代表ボヌッチ獲得へ

ボヌッチ
プレミア2クラブからの関心を報じられたユヴェントスDFボヌッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーとマンチェスター・Cが、ユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの獲得へ動いているようだ。イギリス紙『ザ・サン』が8日に報じている。

 チェルシーは、現イタリア代表指揮官のアントニオ・コンテ監督がユーロ2016終了後に就任することが決まっている。同監督は2011年以降、ユヴェントスとイタリア代表でボヌッチを指導しており、最も優先順位の高い補強ターゲットとして同選手の名を挙げている模様だ。また、バイエルンを今シーズン限りで退任してマンチェスター・Cの新指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラ監督もボヌッチを高く評価。両クラブが獲得に向けた争奪戦を繰り広げることになると報じられている。

 現在29歳のボヌッチは、2010年夏にバーリからユヴェントスに移籍。今シーズンはセリエAで36試合出場3ゴールを記録し、5連覇達成に大きく貢献した。


欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る