FOLLOW US

伊紙、フル出場の本田に及第点「ポグバを最終ラインに押しやった」

コッパ・イタリア決勝でポグバ(左)とマッチアップする本田圭佑(右) [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア決勝戦が21日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランは延長戦の末、ユヴェントスに0-1で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を掲載。フル出場した本田には「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「(ポール・)ポグバを最終ラインに押しやり、困難に陥れるには十分なほど主張した。前半は良かったが、最後に息切れ。実際、28回もボールを失い、3回のボールタッチで1回はボールを失っていたことになる」と、ユヴェントスのフランス代表MFポール・ポグバに決定的な仕事をさせなかった点を高評価。一方で、ボールロストが多かったことについても指摘した。

 なお、ミランの最高点はイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラの「6.5」、最低点はコロンビア代表FWカルロス・バッカの「5」だった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO