FOLLOW US

「まだゴールを決めたい」…ラツィオ退団のクローゼ、現役続行を明言

ラツィオでの最終戦を終え、スタンドに手を振って応えるクローゼ [写真]=Getty Images

 15日に行われたセリエA第38節(最終節)で、ラツィオはホームでフィオレンティーナに2-4と敗戦。今シーズンは勝ち点54の8位で終了した。

 試合後、ラツィオの元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼがイタリアメディア『Sky』のインタビューに応じた。同選手は今シーズン限りでのラツィオ退団が決定。同クラブでの最終戦となった今節、74分にチーム2点目となるPKを決めた。

 クローゼは「今日は感動したよ。私にお別れを言うために(スタジアムへ)足を運んでくれたファンを見て胸が熱くなった。PK?私が蹴ることを皆が希望してくれたんだ。私はPKキッカーではないけど、うまく蹴ることができたよ。「(ラツィオには)たくさんの素晴らしい思い出がある。最も素晴らしい思い出は、ローマ・ダービー(2011年10月16日のセリエA第7節)のアディショナルタイムに決めたゴールだね」と、最終戦やラツィオでの思い出を振り返り、以下のように語った。

「まだどのチームでプレーするかはわからない。でも自分のコンディションは良いし、まだゴールを決めたいと思っている」

 現役続行を明言したクローゼは現在37歳。ラツィオでは2011年からプレーし、在籍4シーズンでセリエA通算62ゴールを記録した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA